CONCEPTコンセプト

優れた交通利便と
悠然とした暮らしやすさ、
東京に暮らす喜びを
実感できる居住都市。

池袋から新宿三丁目、渋谷へつながる
東京メトロ副都心線と、
有楽町、銀座一丁目へ
つながる東京メトロ有楽町線。
東京の地下鉄ネットワークを形成する
主要2路線が利用できる平和台。
東京の拠点都市へダイレクトにつながる
優れた交通利便性を発揮しながら、
悠然とした暮らしやすさを実感できる、
穏やかなライフロケーションがここにはあります。

都市計画道路の整備に伴って、
駅周辺の利便性が高まる平和台。

平和台駅周辺で整備が進められている
都市計画道路によって、
駅周辺では地下通路が整備されるなど、
歩行者の利便性と安全性が高まっています。
将来的には、都市計画道路の
沿道周辺エリアにおいて、良好な
街づくりを目指す地区計画が検討されるなど、
平和台駅周辺の居住価値アップが
期待されています。

  • 都市計画道路放射 第35・36号線整備

    国道17号(新大宮バイパス)と要町通りを結ぶ都市計画道路放射第35・36号線の整備が進行中。完成すれば、平和台駅周辺から池袋駅まで一直線でつながり、タクシー等の車交通の利便性が飛躍的に向上します。

  • 環八通り横断地下通路整備

    都市計画道路放射第35号線の整備に伴い、環八通りを横断し平和台駅と直結する地下通路が整備中。歩行者の利便性と安全性が向上し、平和台駅の利便性が高まります。

  • 地下連絡通路入口エレベーターまで徒歩5分

    放射第35号線整備に伴い新設された地下連絡通路の入口となるエレベーターまでは、現地から徒歩5分。放射35号線は地下通路によって横断でき、かつ平和台駅改札へそのままアクセスできるので、駅徒歩ルートがスムーズです。

  • ※地下連絡通路は0:50〜4:40まで駅通路閉鎖のため平和台駅への通り抜けはできません。

  • 放射第35号線沿道地区の拠点地区として
    新たな土地利用をめざす平和台駅周辺

    放射第35号線の整備に伴う沿道地区のまちづくり構想において、平和台駅周辺は沿道商業業務ゾーンとして、中高層の集合住宅や商業・業務・サービス施設などの産業誘導が図られています。にぎわいの創出やコミュニティ施設の整備など、新しい土地利用によって駅周辺エリアの活性化が期待されています。

    ※放射35号線沿道周辺地区まちづくり構想/放射35号線周辺地区まちづくり協議会(平成25年10月)より

※掲載の航空写真は現地上空より撮影(2022年11月)したもので、一部CG加工を施しており実際とは異なります。